×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゆうちょ銀行の投資信託
2007年10月に誕生した、ゆうちょ銀行もだんだんとなじんで来たように思います。
ただ、見た目は元の郵便局ではありますが、れっきとした民営の銀行ということで、窓口で振込みとかをお願いするときとか、投資信託のお誘いがかかることも多くなりました。
これは、ゆうちょ銀行が総資産220兆円を超える世界最大の銀行とはいえ、現段階では、ローンや融資などの貸し出し業務ができないことから、収益確保のために、投資信託販売をより力を入れて行っているといえます。
ゆうちょ銀行が販売している投資信託の数はそれほど多くはなく、全部で9つです。
大きく分けると、株式へ投資するもの(フィデリティ・日本配当成長株投信、大和ストックインデックス225ファンドなど)、債券に投資していくもの(野村世界6資産分散投信、未来時計、日興五大陸債券ファンドなど)、そして不動産投資信託に投資していくもの(DIAM世界リートインデックスファンド )、の3つになり、さらに、これらを日本国内だけが投資対象なのか、海外の外国も投資対象になるのか、で商品を絞っていくことになります。
売れ筋としては、預金の延長として購入しやすい、債券型に人気が集中しています。
これは、サブプライム問題などで、変動が激しい株式よりも、リターンは減っても、安定性が高い債券タイプの方が窓口で説明しやすいということがあります。
投資は自己責任が原則とはいえ、2007年9月30日に金融商品取引法が施行されてから、金融商品を販売する際には、商品の特長とそれに付随するリスクを十分かつ丁寧に説明しなければいけないことになっているからです。
ただその反面、投資信託を販売する際の、かなり高めに設定された手数料については、それほど十分な説明はありません。
投資信託は、インデックス型なら、どこで買っても名前が違うだけで中身は同じです。
大事な虎の子の貯金です。
商品説明を受けた上で、興味をもったなら、その場で即断はせず、ほかと比較検討した上で、資産運用していきたいところです。

<スポンサードリンク>



インデックスファンドTSP
インデックスファンドTSPとは、「日興・バーラ日本株モデル」に精通した運用担当者が最新のデータで資産の配分(ポートフォリオ)の見直しを行い、効率的に東証株価指数との連動性をはかって、投資効果を目標に運用しているファンドの事です。
インデックスファンドとはTOPIXや日経平均と言った、日本の代表的な市場インデックスに、連動するように作られた投資信託ファンドです。
「連動する」とは同じような動きをするという意味です。
インデックスファンドは手数料が安いので、株式投資では有効な手段のひとつだと言われ静かな人気を呼んでいます。
長引く先の見えない低金利や資産運用への関心の高まりから、投資信託に興味を持つ人が増えています。
投資信託は、投資家から集めた資金を1つにまとめたファンドが組成され、運用のプロが債券や株式などで運用し、運用成果に応じて収益を分配するという金融商品です。
モチロン運用がうまくいけば、預貯金以上の収益を得ることができますが、一方で運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。
そのため、運用する際には自己責任が求められるのは言うまでもありません。
その他に預貯金と投資信託の違う点は、収益は運営経費を差し引いて公平に投資家に還元される事、購入時や解約時に手数料がかかる事(ノーロードと言って購入時の手数料無料の場合もあります)預金保険制度の対象外である事が挙げられます。
その中でもインデックスファンドTSPは東証株価指数(TOPIX)に連動する投資成果を求めるファンドです。
日本の長期的成長に沿った株式市場の動きを捉えることを目標に、東証株価指数(TOPIX)を選んでいます。
このファンドを組成しているのは日興で、モダン・ポートフォリオ理論に基づく「日興・バーラ日本株モデル」を活用して東証株価指数の特性を分析し、1700銘柄程度に投資しているそうです。
投資信託は、実に多種多様な商品が販売されています。
何を選んでいいのか判断に迷うことはしばしばです。
では、東証株価指数(TOPIX)と連動させるインデックスファンドTSPの優位性は、どこにあるのでしょうか。
株式投資信託は、もう少し細かくするとインデックスファンドとアクティブファンドに分類されます。
市場平均と連動させるインデックスより高い収益率を得る事を目標とするアクティブファンドが、実は、その運用成績では市場インデックスを下回っている事、また、一般的に手数料が高い一方、インデックスファンドのほうが手数料が安いということです。
結局、手数料まで含めるとインデックスファンドのほうが優位であると言えます。


STAMTOPIXインデックス・オープン
STAM TOPIXインデックス・オープンとは、住信アセットマネジメント株式会社(STAM)の各種インデックスファンドのうち、東証株価指数(TOPIX)の動きに連動させた追加型株式ファンドです東証株価指数(TOPIX)や日経平均と言った、日本の代表的な市場インデックスに、連動するように作られた投資信託がインデックスファンドです。
インデックスとは株価指数のことですが、株価指数の動きに「連動」して運用することによって安い手数料で運用できるインデックスファンドは、株式投資では有効な手段のひとつだと言われています。
「連動する」とは同じような動きをするという意味で、東証株価指数(TOPIX)インデックスなら東証株価指数(TOPIX)の動きに合わせて運用いたします。
その他にもトヨタTOPIXインデックス・オープンもあります。
一般の投資家から集めた資金を1つにまとめたファンドが組成して、その資金を運用のプロが債券や株式などで運用し、運用成果に応じて収益を分配するという金融商品、それが投資信託です。
投資信託には、長引く先の見えない低金利や資産運用への関心の高まりから、興味を持つ人が増えています。
預貯金と大きく違うのは運用次第では元本割れのリスクがあることです。
その他に預貯金と投資信託の違う点は、収益は運営経費を除いて公平に投資家に還元される事、購入時や解約時に手数料がかかる事(ノーロードと言って購入時の手数料無料の場合もあります)預金保険制度の対象外である事が挙げられます。
住信アセットマネジメント(STAM)によればこの投資信託はマザーファンド受益証券への投資を通じて、東証株価指数(以下、TOPIXといいます)と連動させて高い投資成果を目指して運用されています。
しかしながら、当然のこととして、STAM TOPIXインデックス・オープンも値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います)に投資しますので、元本や利回りが保証されるものではありません。
基準価額の下落により、投資元本を割り込むことがあります。
預貯金などとの違いをよく理解したうえで、自己責任で行ってください。
しかし、住信アセットマネジメント(STAM)のSTAMTOPIXインデックス・オープン、検討の余地があると思いませんか?




サイトポリシー



お友達サイトのご紹介